ミネラルウォーター・天然水ランキング

ミネラルウォーターや天然水にはバナジウム含有天然水など人気の商品も登場して、水に関する関心も高まってきています。地下水などミネラルを含んだ天然水には健康面にも作用すると言われ、味で選ぶ方や成分で選ぶ方など人によっても様々。ここでは人気順にミネラルウォーター・天然水をランキングで紹介します。

ミネラルウォーター・天然水ランキング 1位
★アルテッセ株式会社
バナジウム91μg含有「富士青龍水」を販売する会社です。ライフサポート天然水「富士青龍水」は山梨県富士山北麓標高920mの高地に立地する採水場の地下200mから汲み上げた弱アルカリの天然水です。メタボリック対策や、ダイエットにも最適で、最近注目されているバナジウムをはじめ、有用なミネラルを豊富に含み、富士山の水の中でも最小の硬度25の軟水で日本人に好まれるまろやかな味わいです。

ミネラルウォーター・天然水ランキング 2位
★株式会社オーケンウォーター
京都・丹波の天然水(ナチュラルミネラルウォーター)を販売しています。 人里離れた京都・丹波の山並み。花崗岩の厚い岩盤をくりぬいて、くみあげました。人の手を加えない、純粋なナチュラル・ミネラルウォーターです。硬度30の口当たりもまろやかな軟水。もちろんミネラルウォーターは、弱アルカリ天然水です。

ミネラルウォーター・天然水ランキング 3位
★株式会社ピュアラ
話題の「日本九州合馬産 合馬(おうま)天然水」 です。合馬(おうま)天然水 ・竹澄(黒ラベル) ・極麗(赤ラベル) ・潤麗(緑ラベル)の3種類「日本最大のたけのこの里」である九州合馬の竹林から誕生した極上の天然水で究極の土壌・地下水脈から汲み上げられた「水」は、自然によって育まれた軟水で、ミネラル成分をバランスよく含んだ弱アルカリ性の天然水。


■ミネラルウォーターの表示区分について
ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン(農林水産省:平成2年3月30日食品流通局長通達「2食流第1071号」、平成7年2月17日「7食流第398号」改正)により内容物の表示を定めている。

適用範囲
地下水などのうち飲用適の水(カルシウム、マグネシウムなど(硬度)及びpH値を除き、水道法第4条に適合する水をいう)を容器に詰めたもの(炭酸飲料の日本農林規格(昭和49年6月27日農林省告示第567号)に規定する炭酸飲料を除く)。これを「ミネラルウォーター類」という。

・ナチュラルウォーター
特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの。

・ナチュラルミネラルウォーター
ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう)を原水としたもの。

・ミネラルウォーター
ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的などのためにミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われているもの。

・飲用水、ボトルドウォーター
ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のもの。

(wikipedia参照)

■健康関連最新ニュース